BLOG

北関東大瀑布。

こんばんは、ヒメルです。

今回は、前回の群馬旅行の続きになります。
実は泊りがけだったのです。


 

 

朝起きて、さっそく名所の吹割の滝へ行ってみました。

ホテルの人の話だと車で5分くらいということなので
当初は歩いて行こうとしたんですが、30分くらい歩いても
一向にたどり着く気配がなかったので引き返して車で行きました。

そしたら5分で着きました。

 

 

ヒメル
車の5分は徒歩の1時間くらいに
相当するんだな……(感心)

時速60キロで60分走れば60km進む訳ですから、
時速60キロで5分走れば5km進む訳で……

人間の歩行速度は時速約4キロですから、
5kmの距離を歩いたらそりゃ1時間以上かかりますよね。

当たり前のことでした。

 

それはさておき。

 

 

 

 

吹割の滝

吹割の滝

吹割の滝
たどり着いた先は、秘境じみた景色でした。

 

 

 

吹割の滝

吹割の滝

吹割の滝
東洋のナイアガラと呼ばれてるらしいです。
自称だと思いますが。

幅が広くて水の落ちる範囲が普通の滝とは段違い。

ヒメル
こんな場所がまだこの国にあったのか。
ヴェッセル
探せばいっぱいあるだろ……。

 

 

吹割の滝

吹割の滝
朝一で来たので周りに他の観光客は全然いませんでした。
観光地にしては珍しい光景です。

 

吹割の滝

吹割の滝

吹割の滝
旅行に行ったら朝は散歩したい派なので
宿の近くにこういう場所があるのはありがたいですね。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

玉原高原
二日目は玉原(たんばら)高原にある
たんばらラベンダーパークに行きました。

この時はまだ8月だったので気温は高かったんですが、
高地のため湿度は低く、さわやかな風が吹いてました。

ヒメル
ああ~、涼しいんじゃ~^^

 

 

 

 

玉原高原
天気は晴れ!天晴れ!

 

 

玉原高原

玉原高原
ひまわり畑がありました。

ひまわりって、ザ・夏!って感じがしていいですよね。
季節感を大いに感じられる花というか。

 

 

玉原高原
ここ、たんばらラベンダーパークは元々はスキー場ですが、
オフシーズンでもリフトに乗って丘を上ることができます。

 

 

 

 

 

玉原高原
玉原高原はラベンダーの名所です。

玉原高原

玉原高原

 

玉原高原
少し時季を外してたようで、既に花は減ってきてました(´・ω・`)

ヴェッセル
にわか雨が降ってきたぞ!
ヒメル
撤退だ!帰路につくぞ!

この記事を更新してる今は、夏の空気がとっくに秋のそれに変わってますね。
毎日涼しくて過ごしやすいです。

私の周りでも季節の変わり目で体調を崩してる人が見受けられます。
みなさんも体に気をつけてお過ごしください。


【ヒメル】

カテゴリー: 旅行レポート   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。