BLOG

茨城県北芸術祭2016。

こんばんは、ヒメルです。

今回は芸術の秋ということで、以前ある方に薦められた
茨城県北芸術祭に行ってきました。

前日の夜遅く出発し、高速を降りてすぐの健康ランドに転がり込んで
睡眠を取るという突貫ぶりでしたが、意外と悪くなかったです。安い!
神経質で雑魚寝がダメな人でなければ、遠出する時にはアリかもしれません。


そして翌朝。既に現地入りしているので、余裕を持って会場を目指します。

 

 

 

 

 

茨城県某所

ヒメル
どこなんだ、ここは……。
ヴェッセル
会場にたどり着けねえ……。

めっちゃせまい田舎道に迷い込みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旧美和中学校
その後どうにかたどり着いたのは旧美和中学校
廃校になった中学校を丸ごと使って展示場にしてます。すごい!

ヒメル
2015年に廃校って……去年まで生徒が通ってたのか。
ヴェッセル
過疎ってるんだろうな……。

世知辛いです。

 

 

旧美和中学校

旧美和中学校
校庭には在りし日の教室を思わせる配置で
机と椅子が並べられています。

青空教室というヤツでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

旧美和中学校

ヒメル
( ゜Д゜)

旧美和中学校

ヴェッセル
( ゜Д゜)

いきなりやってくれますね。
芸術が炸裂しています。

 

 

 

 

 

旧美和中学校

旧美和中学校

旧美和中学校
学校に置いてある器具や備品を展示物にしてるので
懐かしい気分になりますね。
「こんな器具見たことねえよ」みたいなヤツも多いですが。

 

 

 

旧美和中学校

ヒメル
なになに、手前のハンドルをゆっくり回すと……?
ヴェッセル
別に何かが動く訳ではありませんが、
この世界の回る様子を想像してみてください。
ヒメル
すげえ!アートだ!

 

 

旧美和中学校

 

旧美和中学校
こんな風に学校の実験道具を好きなようにいじり倒して
工作するって、楽しそうですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

『GREAT TEACHER』
旧美和中学校

ヒメル
なんだこのオッサン!?
ヴェッセル
ラスボスか!

校長先生の退屈な話を面白おかしくアートにした作品らしいです。

常時ラジオみたいな音質で校長先生のスピーチと思しき音声が流れて
アゴがガタガタ動いてました。
部屋の薄暗さと奇妙な装飾も相まってちょっと怖いです。

 

旧美和中学校

旧美和中学校
こういうの何て言うんでしたっけ。
サイケデリック……とはちょっと違いますかね。

看板とか標識とか、無機質な記号を訳もなく並べ立てられると
何だか気味が悪く見えます。

旧美和中学校

旧美和中学校
右にメリヤス。

旧美和中学校
止メリヤス。

ヴェッセル
Ib感あるよな。
ヒメル
わっからん……。

『コロイドディスプレイ』
旧美和中学校
シャボンの膜に蝶の絵を投影する機械。

ヒメル
すげえ!(これしか感想が出ない)

『WOODSTOCK』
旧美和中学校

旧美和中学校

旧美和中学校

旧美和中学校

旧美和中学校

旧美和中学校
木製の展示物が部屋中に飾られていました。

ヒメル
すげえな……。
ヴェッセル
すげえ……。

貧弱な感想しか出てきませんでした。

 

 

 

 

『CALAR.ink』

絵を描くのが大好きな少女エミルが、
色を奪った影の少女シルエから色を取り返す物語です。

寸劇のような形式で進んでいきました。
ディズニーランドのアトラクションのような、
世界に入り込むタイプですね。

旧美和中学校

旧美和中学校

旧美和中学校

旧美和中学校

旧美和中学校

旧美和中学校


 

 

 

階段を上っていくと、屋上まで出ることができました。

旧美和中学校

ヒメル
よっしゃ!脱出成功!
ヴェッセル
リアル脱出ゲームじゃねーよ!

旧美和中学校
屋上から見える景色は山と緑ばかりでした。
私が昔、学校の屋上から見た景色は家の屋根ばかりだった気がします。

旧美和中学校
さっき見た校庭の机と椅子が俯瞰できます。

ヴェッセル
こうして見ると、何だかこう……。
ヒメル
まあ、なんだ……アートだな(万能ワード)

ここでは紹介してませんが、真っ暗な部屋で鑑賞する
体感型のアートもあって、非日常的な光景を楽しむことができました。

茨城県北芸術祭は11月20日まで開催しています。

今回私が行ったのは山側の一部の会場だけなのですが、
茨城県内の数十箇所で展示が開かれています。

芸術鑑賞とか小難しく考えずに、文化祭や町祭りのような感覚で
気軽に遊びに行ってみてください。単純に楽しいもんですよ。


【ヒメル@きのこそばの魔女】

Tukune_Himmel 筆者ツイッターID

※キャラクターアイコンははっぷんずげ~と様からお借りしました。

カテゴリー: 旅行レポート   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。